院長:医学博士 田端 英之  TEL:028−649−0078



・YAGレーザー治療の今春の新規予約は終了しました。2021年10月後半から再開します。

診察時に予約なしで突然希望されてもレーザー加療はできません。また予約済みの方でも診察上必要ないと判断された場合、効果が出ないと判断された場合(肝斑・ほくろなど含め)は、どんなに希望されても加療できません。

・インフルエンザ予防接種は厚生労働省の指導に従い、2021年10月26日から開始します。受付での予約が必要です。本年度は110本のワクチンを用意しました(1本で成人2回分)。

・ザガーロの後発品についてのお知らせ
男性型脱毛症の治療薬であるザガーロは今後当院での取り扱いを中止します。そのジェネリックであるデュタステリドZAが10月初めについに東和薬品から発売になりました。当院ではデュタステリドZAを処方いたします。10月17日から処方開始します。当然先発品より安くご使用いただけます。


・重要なお知らせ「WEB予約システム変更のご案内」

2020年1月17日より、ネット予約システムを変更いたしました。

新しい予約システムでは1時間単位枠での予約になります。1時間枠12名(午前)、14名(午後)の予約で開始しています。各時間枠の始まりに患者様が集中しますと、理論的には最長で1時間の待ち時間が生じてしまいます。希望時間枠内に診察順番はおおむね来ますので(次の時間帯にずれこむこともあります。特に午後は高頻度で起こります。ご了承ください。)、希望時間の開始すぐは受付を避けることをお勧めします。

初診の方は仮診察券番号、再診の方はお手元の診察券番号でログインします。

サイトアクセス:https://www.yoyakuru.net/rs/tabata-hihuka/web/

パスワードの初期設定は誕生月日4桁をご入力ください。
例:7月1日生まれ:「0701」と入力

・重要なお知らせ「自動音声予約電話のご案内」
 
自動音声予約電話開始しました。

「050-5805-9612」」24時間対応します。




・お知らせ
当院で扱ってきた化粧品シリーズ2e(資生堂)は一般市販化にともない、在庫がなくなり次第当院での取り扱いを中止いたします。なお日焼け止めクリームなど重要性の高いものは医療機関専用の高機能のもの(ソルプロプリュスホワイトクリームSPF50,PA++++ 国内最強レベル/2900円税別)に変更いたしました。

・お知らせ
飲む「日焼け止め」内服剤ソルプロプリュスホワイトを処方開始しました。ニュートロックサン100mgとAGEクリーヴァーを配合した植物性カプセルです。紫外線による光老化(「酸化」と「糖化」)を防ぎます。肌の赤み・色素沈着などの紫外線防護効果のみならず、肌のキメを整え、引き締めにも有効です。1日1粒。30錠で5000円(税別)です。医療機関専売品です。保険適応外です。

・お知らせ
YAGレーザーによるシミ取り治療は10月後半から4月いっぱいまで加療いたします。2021年春の新規予約は終了しました。照射前に治療効果ならびに治療後炎症後色素沈着などの説明をします。十分にご理解いただいたうえで、同意書にサインをいただきます。
肝斑にはレーザーは無効なので当てません。照射後、内服外用薬治療を行います。治療費は3個までが7000円、8個までが8000円、それ以上が9000円です(各税別)。あまりにも照射個数が多く、1回では当てられないと判断した場合は、何回かに分けさせていただきます(1回ずつ料金はいただきます)。
なお、当院で以前レーザー治療を受けられた方で、炎症後色素沈着が著しく出現された方、または炎症後色素沈着は標準的か薄いにもかかわらず、著しくご心配された方、または効果がそれなりに出ていても、ご不満に思われた方・満足できない方については絶対禁忌患者として2度目の照射はお断りします。YAGレーザーと別の波長特性のルビーレーザー・アレキサンドライトレーザーなどをお試しくださいますようお願い申し上げます(他院で)。

・お知らせ
 アンチエイジングと肌補修効果の高い高出力LED光照射機smartLUXを導入しました。具体的には肌の小じわ・くすみの改善、肌のキメを整える、目の下のくまの改善、毛穴の収縮などに有効です。副作用は報告されていない安全な治療です。痛みもありません。1,2週間間隔で1回15分顔全域に10回ほどの照射を行います。保険外治療で1回4000円(税別)です。pelleveや外用療法との併用でより効果が高まります。高齢者の方の肌に弾力を取り戻すのに最適です。


-------------------------------------------------------------------------
・日曜日午前中も診療しております。

・順番予約システムご利用できます。

 サイトアクセス:https://www.yoyakuru.net/rs/tabata-hihuka/web/

・自動音声予約電話 050-5805-9612 24時間対応いたします。


-------------------------------------------------------------

・シワ・たるみでお悩みの方へ:米国Ellman社製ペレヴェS5でリフトアップ・タイトニング治療をいたします。痛みを伴わず、即効性と長期持続性(長くて半年)のタイトニング効果が得られます。出演前のハリウッド女優も受けているという世界的に認められた優れた治療方法です。安全性も確立されています。
具体的には額の横じわ、眉間の縦じわ、目の周囲の小じわ、目の下のクマ・タルミ、頬のホウレイ線・タルミ、アゴのマリオネットライン、首の横じわ などに有効です。特にタルミには相当の効果があります。
 保険外治療です。1領域(額、目のまわり、ホウレイ線・ほほ、あご、首)から受けられます。1領域8000円(税別)です。初めの1回のみ電極板代いただきます。1か月おきにできれば3回やっていただければ、たとえ手応えが感じられなくともコラーゲンの増加は生じています。もっと回数増やしてもOKです。
 人気ある治療方法なので、原則予約制です。電話などで予約をお願いいたします。

・シミでお困りの方へ:ひとくちにシミと言っても老人性色素斑・肝斑・雀卵斑・太田母斑(後天性/先天性)・光線花弁状色素斑 等々いろいろあります。症状により、治療方針も異なります。
当院ではフォトシルクプラス(キセノンフラッシュランプ)やYAGレーザーを用いて治療します。どちらも保険外治療です。金額は方法・面積・照射回数などで異なりますので、お確かめください。治療回数も異なります。
広範囲のシミ・くすみにはフォトシルクプラスがお勧めです。はっきりとした斑状のシミにはYAGレーザーがお勧めです。フォトシルクプラスの場合、1ヶ月間隔で5回が1クール(1連続の治療回数)となります。シミだけでなく、皮膚の全般的若返り効果も得られます。
YAGレーザーの場合では照射後、炎症後色素沈着と呼ばれる一過性の(3〜6か月)色素沈着が必発しますので、抑えるための内服・外用を処方します。なお紫外線増強時の夏場は十分な紫外線対策が必要です。YAGレーザー治療は秋以降の治療がおすすめです。
肝斑に対しては、レーザートーニング(長波長照射)で治療します。こちらは5回治療が必要です。1回8000円(税別)です。


・シミ、シワ、たるみの改善や皮膚の全般的若返りに有効な保険外美容外用剤/内服剤が充実したラインアップで処方できるようになりました。
  ビタミンCジェル
  ビタミンCローション
  トラネキサム酸ローション
  ハイドロキノンクリーム(5%,7%)
  ソルプロプリュスホワイト(飲む日焼け止め)
内服薬と併用することでさらに効果を高めることができます。
 ほかにシミ(ハイドロキノン含有)、シワ(トレチノイン含有)、ニキビ(ピーリング剤含有)用の石鹸も有効です。初回の処方は医師が行います。

・いろいろ治療をしてもなかなか効果の出ないニキビの患者さんへ
計画的に光線治療で治療してみませんか? 副作用なく、刺激感もありません。診察料のみで光線治療費はいただきません。
 
 #紫外線でニキビ菌を殺します(フォトクリア使用)
 #赤外線で代謝をたかめ、炎症を抑えます(スーパーライザー使用)

 ただし、1回2回では効果は出ません。可能な日程で計画をたてて照射します。続けることが大切です。週1回、2週おき、一日おきすべてOKです。(午前診察の12時20分以降はできませんので、ご注意ください。)

 
・お薬のみの処方は前回診察を受けられてから3か月以内でお願いします。それ以上経過した場合は診察をお受けにならないと処方できません(医師法に抵触するため)。

・前回処方の内服薬が十分残っている期間で前回と同じ、または同じ作用のお薬の処方は保険診療上禁じられています。いかなる理由でも処方できません。ご注意ください。

・一回の診察で処方できる薬の量・期間には限度が定められています。それ以上の量・期間は処方したくても処方できません。処方可能期間で処方します。特にニキビの患者さんに処方する抗生物質の内服薬レボフロキサシン(現在処方中止中)、ファロム、最近になってクラリスロマイシン、ロキシスロマイシンまでも14日処方までとなりました。(なぜか最近保険審査で14日までに切られてしまいます。理由はよくわかりません(?)。

・当医院では湿疹・アトピー性皮膚炎・かぶれなど炎症性疾患に対してはステロイド外用剤塗布を中心に治療を行っています。ご希望に沿って治療を試みますが、ステロイド外用剤使用を望まれない方には御満足いただけない結果になる可能性が高いと思われます。他の医療機関に御相談ください。

・当医院ではほくろ(母斑細胞母斑)の外科的切除は原則として行っておりません。獨協医科大学病院形成外科などに紹介することになります。ご注意ください。紹介状はお書きします。

・他院に現在入院中の方には原則として当院からのお薬の処方はできません。受診時に必ず受付におっしゃってください。処方後に入院中であることが分かった場合は、後日自費でいただきます。

・ヒルドイドソフト軟膏・ローション・クリーム・フォームおよびその後発品は1か月以内に処方できる量に制限があります(原則小児200g以内、成人400g以内、ただし、今後さらに厳しくなる可能性あり)。それ以上は処方できません。それ以外の代替品(例えば親水クリーム、尿素クリーム、ワセリンなど)は処方できます。









たばた皮フ科クリニック(皮膚科(美容皮膚科,小児皮膚科,皮膚アレルギーなど),アレルギー科)
栃木県宇都宮市鶴田1丁目8−15 TEL:028−649−0078